知ってるようで知らない?ストレッチとマッサージの違いとは?

身体の知識


ダンスキ!!をご覧いただきありがとうございます。

インストラクターの「あやか」です。
今回はストレッチとマッサージの違いについて解説します。

皆さんは、ストレッチとマッサージの違いがお分かりですか?混同しがちな2つですが、目的や効果は全く違います。

それぞれの目的や効果をしっかり理解して、ご自身に合ったケアを行っていってくださいね!


それでは、解説していきます。

ストレッチとは


ストレッチとは固まってしまった筋肉や筋を伸ばし、柔軟性を高め身体機能を効率よく生かすために行う動作の事を言います。

ストレッチを行うことで、筋の柔軟性や関節の可動域を広げます。
例えば腕が上がらない、開脚ができないなどの症状がある方は、本来動くはずの関節が周りの筋肉や筋が固まることによって、可動域を制限されてしまっていることが考えられます。

そこでストレッチを行い、柔軟性を高めることで、関節や骨が筋に引っ張られることなくスムーズに動かすことができるようになります。体の柔軟性が高ければ動きが制限されることなく動くことができるので、怪我の防止などにも役立ちます。

動的ストレッチと静的ストレッチ


ストレッチには動的ストレッチと静的ストレッチの2種類があります。

動的ストレッチとは心拍数や血流量を増加させ、体温を上げながら関節の可動域を広めていき「動きながら」筋肉を伸ばしていきます。
静的ストレッチとは反動や動きをつけずに数秒間伸ばし続けるストレッチです。

運動されている方は、運動前後のストレッチを効率的に行うことでより高いパフォーマンスをすることができます。

ウォーミングアップには、しっかり代謝を上げ、スポーツ中のあらゆる動きに対応できる筋肉を起こすような動的ストレッチがいいでしょう。クールダウンには筋肉の疲労を取ったり、翌日に疲れを残さない、そして上がった心拍数を元に戻す静的ストレッチがおススメです。

どちらのストレッチを行う場合でも、呼吸を止めず、気持ちよく行ないましょう。そして、ストレッチしている筋肉や筋を意識することで、より伸ばすことができます。

怪我をしないためにストレッチをしているのに、無理をしすぎて痛めてしまっては意味がありません。オーバーストレッチではなく、気持ちいい範囲内で行うようにしましょう。

マッサージとは


マッサージとは、手や足を押したり揉んだり叩いたりしながら、血行やリンパの流れを良くすることを言います。

緊張をほぐして疲労を取ったり、美容のために用いられることもあります。足のむくみや凝りと言ったものにはストレッチではなく、マッサージがオススメです。
リンパを流すことによって、足が軽くなったり見た目が変わったり、身体が温かくなったりします。

私はマッサージの国家資格は持っていませんので、お伝えできることは疲労回復に役立つ方法です。それでも、自分でできる範囲のセルフマッサージをすることによって、日常生活が驚くほどしやすくなります。

まとめ


いかがでしたか?

ストレッチとマッサージを上手く使い分けて、ご自身の健康を自分で守っていきましょう!

簡単にできるセルフケアも紹介してますので、良かったら参考にしてみてください。

埼玉県川越市を中心に、東京都内、山形県米沢市でもレッスンを承っております。まずはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。


以上、ダンスキ!!インストラクターの「あやか」でした。

タイトルとURLをコピーしました